会話もできる!? 9000ドルの「SEXロボット」の登場〜!

ばーこーど

アダルトグッズやダッチワイフなどはもはや誰もが知っているものですが、なんと、持ち主と会話ができる等身大セックスロボットまで開発されているのをご存じですか?

そのロボットの名前は「ロキシー(Roxxxy)」。『TrueCompanion』社が開発した、究極のセックスロボットとして知られています。人工合成皮膚でできた肌を持ち、人工知能を備えた彼女は、元米ベル研究所で人工知能の研究者だったダグラス・ハインズ氏が開発したもの。男性のありとあらゆる欲望にこたえる究極の存在として知られています。

性格が5タイプもある!

彼女の性格は、なんと5タイプから選べます。
社交的で大胆なワイルド・ウェンディー(Wild Wendy)、おとなしくて恥ずかしがり屋のフリジット・ファラ(Frigid Farrah)、傷つきやすい若い女性の性格、母性を持つマチュア・マーサ(Mature Martha)、さらに大胆な性格のS&Mスーザン(S & M Susan)がその5タイプ。どんなタイプの女性がいいのか、迷ってしまいそうですよね。

見た目もカスタマイズ可能!

通常の「ロキシー(Roxxxy)」のスペックは、身長約170センチ、体重約54キロ、胸はCカップ。ですが、人種や髪の色、胸の大きさはオンライン注文でカスタマイズ可能です。注文の際に、自分の趣味や趣向を詳しく伝えると、「ロキシー(Roxxxy)」はその興味や関心を共有してくれるようになるそう。趣味の話でも盛り上がれるなんて、まさに究極のセクシーロボット!

擬似スワッピング体験までできちゃう!

また、「ロキシー(Roxxxy)」はインターネットへ無線接続しており、ネットを通じてソフトウェアアップデートやテクニカルサポートを受けることができます。そのほか、パートナーへメールを送ったり、持ち主がカスタマイズした性格を、サイトを通じて他のユーザーと共有できる機能も。いわゆる擬似スワッピング体験まで楽しめるんです!

男性版の「ロッキー」も開発中らしい!?

現在、「ロキシー(Roxxxy)」は欧米で購入可能。そして、男性版の「ロッキー」も計画中なんだとか。開発者のハインズ氏は、、「ロキシー(Roxxxy)」を機能障害などでセックスに対し消極的な人や、リスクなしにセックスをしたい人などにも使ってほしいと語っています。価格は9000ドル(約83万円)とお高めですが、「自分の好みを知ってくれて」「会話ができる」「自分好みのルックス」の人を探す労力を考えたら安いものかも? 男性版の登場が楽しみですね。

文:Kiki

参考:
世界初「セックスロボット」が登場、米ラスベガス
会話までできるセックスロボット「ロキシー(Roxxxy)」登場
photo: Liam Wilde


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
kiki

女性誌を中心に恋愛、ワークスタイル、ライフスタイルの記事をライティング。常夏の離島に住みながら、身も心も熱い日々を過ごしています。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top