少子化対策にも一役買えて一石二鳥!? アノ日の苦痛から逃れるための出産のススメ

おなか

女性にとって人生の苦行の一つといっても過言ではない生理痛。まったく痛みも苦しみもないという人もいれば、痛みの他に嘔吐や下痢を引き起こして寝込んでしまうという人もいて、その症状の程度はさまざま。外出先であまりの激痛のため冷や汗をかきながらガクガクと震えてしまい、通行人から救急車を呼ばれそうになったというケースもあります。

生理痛が重い人にとっては、もはや毎月のおつとめが恐怖にすら感じてしまうわけですが、そんな女性にちょっとだけ希望を持てる話があります。それは、出産を経験することで生理の辛さが軽減するということです。

生理痛が起きる仕組み

どうして出産をすると生理痛が軽くなるのでしょうか? そもそも生理痛というものは、剥がれた子宮内膜を排出するためのホルモンが分泌され、子宮に陣痛時と同じような収縮と痛みをもたらすため生じます。これだけでも十分痛いのですが、子宮口の狭い人はドロッとした血液がスムーズに押し出されないため、さらに痛みが加わることになります。

出産すると産道が拡張

しかし、出産をすることで、産道と呼ばれる子宮~子宮口~子宮頸管が胎児によっていったん拡張されます。生理痛が重いという人も産道の拡張――特に子宮口が広がることで生理痛は軽くなると考えられています。また、とくに出産を経験しなくても、20代、30代になると徐々に子宮が成熟してきて、狭くて硬かった子宮口も広がりやすくなり、生理痛が軽くなるというケースもあるようです。

産後のほうが重い……という人も

逆に出産後のほうが、生理痛が重いというケースもあります。その原因の一つとして考えられているのは、ストレス。産後すぐに仕事に復帰したり、育児が行き詰ったりしていると産後も辛い生理痛に悩まされることが多いようです。

そのほか生理痛の原因となるもの

生理痛の原因は、上記で説明したホルモンや子宮口の大きさ、ストレス以外にも、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症といった疾患が隠れている場合もあります。生理痛があまりにもひどいという人は、自己判断や市販薬のみで対処せず、一度産婦人科を受診することをおすすめします。

いかがでしたか? 生理痛は年齢と共に軽減することが多いとはいえ、今すぐこの痛みから解放されたい! と願う女性も多いことでしょう。解放のための一つの手段は、妊娠・出産。いつか産む予定があるなら、今産むのもアリかもしれません。さっそく今晩から仕込んでみる?

文:みやのともか

参考:体のゆがみ110番 出産後の症状の違いについて
photo: Ragnhildur Guðrún


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
みやのともか

医療職からフリーライターへ鞍替えし、現在子育てまっただ中のアラフォー。前職の知識を生かしながら健康・医療に関する記事を数多く手がける。趣味は読書で、いつも周囲に「面白い書籍ない?」と訊ねるのが日課。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top