カーマスートラ直伝!すぐに試せる日替わり体位・5選

体位

日本には、SEXの体位として「四十八手(しじゅうはって)」というものがあります。これは江戸時代において相撲の四十八手を真似たものとされていますが、江戸時代よりもはるか昔、推定4~5世紀にかけて成立したといわれるSEX指南書があるのをご存知ですか?

それは古代インドの性愛論書「カーマスートラ」。その第2部に綴られた64種の体位の中には、正直「こんな格好無理でしょ!」と突っ込みたくなるものもありますが、現代人にとっては実用的(?)な体位も数多く指南されています。ここでは、その中から、その日の気分や状態によって使い分けができるおすすめの体位をご紹介します。

男性はやる気マンマン、でも女性のやる気がイマイチなとき

基本的によくあるシチュエーションでしょうか? 男性側が求めていて女性側が仕方なくそれに応じる必要がある場合の体位です。まずは正常位で挿入し、男性はピストン運動をします。そして女性がイキそうになったら、女性の頭、腕、肩をベッドからはみ出すくらいまで上方へ移動させ、腕を上へ伸ばし完全に脱力してもらいます。この体位は女性側が快楽を享受するだけで済むため、乗り気のしないSEXに応じるのもあまり苦ではなくなります。

男性にやる気なし、女性がムラムラしているとき

逆に女性側がしたいのに男性側にやる気がないときにおすすめの体位。まず男性が足の力を緩めて低めの椅子に座ります。女性は男性と向かい合う形でその上にまたがり、足が床に届くのを確認します。そして膝が90度の角度のままペニスを挿入し、段々と腰を下ろしていきます。先端だけ挿入したり深く挿入したりなど女性側が完全にコントロールできる一方で、男性側は座っているだけで楽、というメリットがあります。

お互いにストレスが溜まっているとき

男女共になんだかイライラしながらのSEX時におすすめの体位です。まず男性がベッドを背にして立ち、女性はその前に向かい合うようにして立ちます。そして、女性が男性の肩と首に手を回し、ベッドに足を乗せて体を浮かせます。男性は女性のお尻と太ももを支えましょう。そのままの体勢をキープしたまま挿入し、お互いの体力が続く限りピストン運動を繰り返します。全身の筋肉をバランスよく使うのでよい運動になり、イライラも解消されスッキリします。

お互いにじっくりゆっくり楽しみたいとき

ララブラブモードが高まって、今夜はじっくり楽しみたい……というときには、この体位。二人並んで同じ向きに横たわり、男性が女性の後ろから側位で挿入します。女性は男性の手を胸やクリトリスに誘導して愛撫してもらいましょう。お互いに体力をあまり消耗しないので長時間SEXを楽しめます。

ケンカの後のSEXでは

男女がケンカをした後におすすめなのが、ちょっと笑えるこの体位。まず女性が仰向けに寝た状態から、手で腰や背中をサポートしつつ両足を天井のほうに伸ばしていきます。これ以上上がらないというところで、男性は膝立ちの状態で女性の背中側から女性の足首を持ち上げ、挿入します。手で女性の腰やお尻を支えるとうまくいきます。かなりアクロバティックな格好で笑えますが、ケンカの後ですので大いに笑いながら行ってください。

カーマスートラのすすめ

いかがでしたか? ここで紹介した体位はまだまだほんの一部にすぎず、これら以外にもおすすめの体位はカーマスートラ内で数多く掲載されています。気になるアナタは、邦訳版の書籍を手に取ってみてください。ただし、体位以外にもかなり小難しい内容が満載ですが、そこはご容赦を……。

文:みやのともか

参考:
古代インドのセックス指南書、「カーマスートラ」について
その日の気分で変える、セックスの8つの体位

Photo:Mixy Lorenzo


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
みやのともか

医療職からフリーライターへ鞍替えし、現在子育てまっただ中のアラフォー。前職の知識を生かしながら健康・医療に関する記事を数多く手がける。趣味は読書で、いつも周囲に「面白い書籍ない?」と訊ねるのが日課。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top