後腐れなく楽しむ! ワンナイトラブ5つの暗黙のルール

網タイツ

いい感じに女性をお持ち帰りできそうになったら、これだけは覚えておきましょう。お互いに素敵な思い出になるように、暗黙のルール5つです。

コンドームを常備する!

「えっ? コンドームないの……?」なんて、気まずくならないように、避妊具は常に携帯すべし。せっかく盛り上がったムードに、初歩的なことで水を差したくありませんよね? 出会いってどこに転がっているか分かりませんので。

実家はダメ!

ムード作りだってマナーの1つ。両親と住んでいる場合、実家は避けるべきです。相手が気を遣わず、リラックスして楽しめるための配慮もマナーです。汚い部屋なんて、もちろんダメです。ポイ捨てしない、お年寄りには席を譲る、ワンナイトラブにはムードを。オモテナシの精神も常備しておきましょう。

相手がベッドを出たら、自分も帰る

部屋の主がベッドを出て身支度をし始めたら、一夜のアバンチュールはオワリということです。グズグズせず、颯爽と帰りましょう。

あとで謝らない!

関係を結んでしまった後になって謝ったりしないこと。どんなに気まずいものになってしまったとしても、それを言葉で決定づけてはいけません。相手の女性の了解があっての行為ですから、それを否定的に見ることは、相手の女性にもダメ押しをすることになります。あなたと楽しいひと時間を過ごせてよかった、というスタンスで。そんな接し方ならば、女性も安心して、これでよかったのだな、とサッパリした気持ちで去っていただけます。

コトが終わったら、女性を家まで送ってあげる

家か最寄りの駅まで女性を送りましょう。一夜を供にしたのだから、情をもって接しなければならない、ということではありません。これは単なる礼儀。「好きになってもらっては困るから」なんて及び腰にならないこと。

ワンナイトの相手でも、出会いは一期一会。礼儀が大事です。相手への敬意と感謝を持って楽しみましょう!

文:北ウメ子

参照サイト: 5 Things You Need To Know Before A One-Night Stand


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
北ウメ子

都内在住のアラサー大学院生。SEXに関する誤解や迷信、タブー視をなくすべく、研究と実践に勤しんでいます。マイブームはソフトSM。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top