もっと気持ちイイSEXを! 正しいラブローションの選び方 

ローション

一昔前までは、「濡れない人が使う道具」という日陰のイメージがあったラブローション。最近ではファッション誌にとりあげられたり、女性向けの可愛いパッケージのもの、香りや味付きのものなど、1人でもカップルでも楽しめるようにと、さまざまな工夫がされたオシャレな商品も多く販売されています。

そんな多種多様になってきたラブローション、実は成分によって、用途や効果、感じ方や楽しみ方が大きく変わるのをご存知ですか?

今回は、あなたにピッタリのタイプみつかる、ラブローションの選び方を解説します。

まずはラベルをチェック

ラブローションを選ぶ際にもっとも重要なのが、実際の感触。でも、すべてのローションにテスターがあるとも限りませんし、インターネットなどで購入する場合は、実際手に取ってみるのは不可能。
そこで大切なのは、ローションの成分を確認することです。ローションはその主成分により、粘度や使用感が異なるので、購入する際はラベルをしっかりとチェックしましょう。

安全性と使いやすさで選ぶなら「ウォーターベース」

主成分別にさまざまな製品がありますが、中でも最も安全性が高いのがウォーターベースのラブローション。オイルベースのローションは、ラテックスタイプのコンドームを破損する危険があるので、コンドームとローションを一緒に使う場合は、ウォーターベースのものを使いましょう。

メリット

・水溶性なので洗い流しやすい
・シーツなど寝具にシミが残らない

デメリット

・サラサラしているので密着感が少ない
・乾きやすい

ヌルヌル感がたまらない「ポリアク系」

日本製のローションの場合、水に「ポリアクリル酸ナトリウム」を配合した、通称「ポリアク系」が多く販売されています。

メリット

・ウォーターベースよりもヌルヌルするので密着度や感度が増す
・糸を引く粘度と、お手頃価格で大量に使えるので、マットプレイや全身ローションプレイに使える

デメリット

・洗い流しづらいため、乾燥やかゆみなど、肌に負担がかかる

最近では、ポリアク系と匹敵するヌルヌル感を保ちながら、肌への負担を和らげ、安全性を上げた「ポリクオタニウム」、通称「ポリクオ系」のローションも販売されています。お値段は少々お高め。

濡れない女性のサポート「グリセリン系」

水に溶けやすい上に保湿力の高いグリセリン系ローション。膣が濡れづらかったり、すぐ乾いてしまってSEXの挿入時に痛みを感じる女性にお勧めです。

メリット

・水溶性なので洗い流しやすい
・肌に優しく、膣内に入っても安全

デメリット

・ヌルヌル感やエロティック感は薄れる
・イースト菌感染症のエサになるので、カンジタ膣炎などの女性は避ける

長く続く潤い「シリコン系」

オイルの様なサラサラ感があり、肌に吸収されない分、潤いが長く持続するのが特徴のシリコン系ローション。欧米などではこのタイプが人気です。

メリット

・少量でもしっかりと潤う
・乾きづらく長時間持続する
・滑りが良いのでアナルやオナホールに最適

デメリット

・洗い流すのに時間と手間がかかる
・シリコン素材でできたオモチャを溶かす性質があるので、長時間の併用は避けること

他にも、ナチュラリストたちに人気の植物性オイルを使用した「オイル系ローション」、拭き取るだけで落とすことができる「ヒドロ系」、洗い流しが不要な「カルボマー系ローション」など、さまざまなタイプのローションがあります。
購入の際は成分をチェックし、自分の肌や目的にあったラブローションを選び、より気持ちのイイSEX・オナニーを楽しんでくださいね。

文:Mia Howard

photo credit: JD Hancock via photopin cc


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
Mia Howard

英語圏在住。専門は医療、メンタルヘルス、恋愛、SEX。座右の銘である『SEXはスポーツではなく芸術である』をモットーに各国のSEX事情を明るく楽しく刺激的におとどけ☆

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top