激しすぎる!フランス女性のセックスへの情熱

炎と女性

愛の国、フランス。道端で、電車の中で、公園で、どこでもカップルたちはラブラブいちゃいちゃしています。公共の場でそれほど愛し合うのだから、ベッドの中ではさぞかし情熱的なはず! フランス人女性たちがセックスに対してどれだけの熱意を持っているのか、知りたくありませんか?

フランス人女性も、実は日本人女性と同じ

愛の国で生まれたといっても、もとから男性への接し方やセックスのテクニックが備わっているわけではありません。フランスにもHotPinkのようなセックスに関するウェブサイトが数多く存在し、試行錯誤しながら恋愛しています。しかし、セックスに関して話すことは恥ずかしいというような感覚は少なく、女性誌では必ずと言っていいほどセックスに関するページが設けられていて、いかに女性がよりよいセックスを求めているかがよくわかります。筆者はフランス語勉強初期の頃、フランス語で書かれた本を買ってみたくてかわいらしい表紙のペーパーバックを手に取ったところ、セックスマニュアル本であったということがありました。

同性愛者用コラムもある

異性愛者用のトピックの中に、同性愛者用のコラムもあります。同性婚が可決された今日、フランスでは同性を愛すということは一つの選択肢なのだ、ということがよくわかりますね。

セックスレスなんてありえない

「付き合う前に、体の相性を確かめることは大切だよ」と言うフランス人が多いです。ルックス・性格などでパートナーを選ぶのと同様、体の相性も一つの選択基準なのです。また、セックスは美容と健康のためにもいいという考えが浸透していて、おばあちゃんになってもセックスをしていたいと考える人が多く、いくつになっても彼や夫を性的に魅了し続けるためにボディを磨き続けることが大切だそうです。

「つい激しくし過ぎて彼氏のペニスを折ってしまった!どうしたらいい?」

彼とのセックスで盛り上がりすぎてしまった女性からのSOSコラムがありました。そもそもペニスって、骨がないのに折れることってあるの?と思いますが、折れることはあります。骨折のようにぽっきり折れるというわけではなく、勃起しているペニスに無理な力を加えたことによる海綿体の損傷なのだとか。男性本位で動けばこのようなことは起こりにくいですが、女性が積極的に動いた場合に力加減がわからず、起こりやすいようです。さすがラテンの国の女性です。

まだまだ、男性主導のセックスが多い日本。積極的に正しい知識を身につけて、“してもらうセックス”から“一緒にするセックス”へと変えてみれば、フランス人女性たちのように心も体も愛に満ち溢れた美しい女性になれるかもしれませんね。

文:Madame Voyage

参考:http://www.doctissimo.fr/html/sexualite/sexualite.htm
Photo:Heather Shapiro


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
Madame Voyage

パリ(から少し飛び出たところ)在住。海外一人旅をこよなく愛す。各地でできた友人たちと、国際色豊かな恋愛トークをすることが好き。現在フランス人男性と遠距離恋愛中。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top