聖なる夜は要注意? クリスマスに破局するカップルの実態

白鳥

 

 

もうすぐクリスマス。この日をどう過ごそうかと、今から色々と予定を立てているカップルも多いのではないでしょうか。そんなウキウキ気分のところに水を差すようで申し訳ないのですが、クリスマス直前に破局するカップルが意外と多い事実をご存じですか? 今年を締めくくる重要なイベントといっても過言ではないクリスマス――。それなのに、どうして別れちゃうの!?

イギリスの調査

イギリスの研究チームがFacebookのデータを基に「1年の中でカップルが破局しやすい時期はいつか?」という調査をしたところ、1位は2月後半~3月上旬。2位はクリスマスの2週間前という結果になったとのこと。こういった現象は、とくにイギリスに限ったことではなく、アメリカでもクリスマスを巡って多くのカップルがケンカをし、弁護士に寄せられる離婚相談もこの時期急激に増えるらしいのです。

そしてこの日本においても、よくよく思い返してみると、クリスマスを目前に控えて「別れちゃった」という経験をした人、もしくはそういう話を聞いた人は少なくないのではないでしょうか。

なぜ破局しやすいのか

1.心理的負担

さて、ではなぜこの時期に別れてしまうのか? もっともポピュラーな理由は、やはり「心理的な負担、苦痛」にあるようです。クリスマスを盛り上げようとレストランの予約をしたり、HotPink的にはホテルの予約もしたり(?)、プレゼントも買わなくちゃ――。何かと準備が大変ですよね。そうこうしているうちに「自分は何をやっているのだろう」とふと我に返り、気持ちが冷めてしまうのだそうです。

また「相手はクリスマスをとても楽しみにしている、だから期待に応えなければ……」というプレッシャーに押しつぶされる、イベントに対する価値観のズレがいつしか日常生活にも波及してくる、というパターンもあるようです。

2.金銭的負担

クリスマスを楽しみたい気持ちはあるものの、金銭的に負担を感じて「ついていけない……」という意見もチラホラあります。ひどい場合になると「たいして好きでもないのに、なぜこんな大枚をはたく必要があるのか」と、半ば怒りにも近い感情を抱くこともあるようです。あからさまに“モノ目当て”で付き合っている雰囲気が滲み出ていると、そういう感情を抱かせてしまうということでしょうか。

3.科学的な根拠も?

クリスマスに破局が増えるのは、「冬」という季節に起因しているという見方もあります。日照時間の短い冬はセロトニンという神経伝達分泌が低下し、それに伴って脳の機能も低下、倦怠感や意欲低下といったうつ症状が見られるそうです。別れを告げられるのは自分のせいではなく気候がそうさせているんだ、と思えばちょっと慰められるかも。

クリスマス破局が増える原因、納得いただけたでしょうか? この記事を読んだ皆さんは、大切なパートナーと破局しないように対策ができるものと信じています。「よし、やっぱり別れよう」と逆に背中を押していませんように……。

文:みやのともか

参考:
「クリスマス2週間前に別れるカップルが多い」のデータを検証! 恋人アリの人が“クリスマスブルー”に陥る理由とは?
プレッシャーがすごい? 「クリスマスの破局カップルが多い理由」
photo : L0tUs2480


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
みやのともか

医療職からフリーライターへ鞍替えし、現在子育てまっただ中のアラフォー。前職の知識を生かしながら健康・医療に関する記事を数多く手がける。趣味は読書で、いつも周囲に「面白い書籍ない?」と訊ねるのが日課。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top