男性諸君! それはベッドでNGよ! 覚えておきたい7つの掟

夜のバラ

女性は愛する人を信頼し、なじみはじめるとさらに性欲が高まり、オーガズムを感じやすくなると言われている。しかし男性に誤解されていることが、ベッドの上で女性達を快楽から遠ざけていることがある。この間違いとは何か? 探ってみる価値がありそうだ。

1.過去は捨てて! 〜体位〜

女性の膣は複雑にできていて、各々で少しずつ相違があるのが特徴である。それゆえに当然、性的な反応もすべて共通ではない。元カノでうまくいったからと言って、今回も同じ体位で彼女が喜ぶとは限らないわけである。経験を活かしてテクを駆使するのは良いけれど、あまり過去に捕われずに相手の反応を見つつ、今の彼女に合った体位をするように心がけてくれると嬉しい。

2.無言は禁句! 〜会話〜

アメリカの性カウンセリングに来るカップルのほとんどが、セックスに関しての会話をしないという。相手が何を求めているかお互いにまったくわからないケースが多いそうだ。「何がしたいのか?」と答えを求める問いでは、女性のほうもどうしたら良いのか答えに詰まる場合が多く、それゆえにセックスの会話も途切れがちになってしまう。だから「どっちがいい?」「どっちが好き?」という選択形式に変えてみるのも良いかもしれない。また、男性は静かにセックスするのを好む傾向にあるようだが、気分を盛り上げるためにも、男性も唸って欲しいし、気持ち良いときは叫んでくれたりすると女性も興奮度が上がる場合もあるので、淡々とことだけを終わらせないようにして欲しい。

3.即ってわけにはいかないのよ! 〜時間〜

男性に比べると女性が性欲を感じるには、ある一定の時間が必要だという。すぐに気分が盛り上がってセックスしたくなる男性の気持ちは理解できても、女性の気持ちが準備されていない場合も多々ある。そこで「今はしたくない」という否定形の応えを女性が出してしがちで、それが続くとセックスレスに繋がる可能性も生じてしまう。女性には時間が必要であることを頭に入れて、セックスのお誘いをしてくれるとありがたい。

4.射精とは違うの! 〜目的〜

セックスするたびに女性にオーガニズムを感じさせないといけない。……と思ってはいないだろうか? 女性は愛する人とセックスの行為を楽しむだけでも満足できる時もある。女性のオーガズムは男性の射精と違い、ゴールがあるわけじゃない。失敗も無ければ終わりも無い。その時間を楽しむことに満足があることを知っていてくれると幸せ。

5.むやみに拒否しないで! 〜道具〜

ベッドで道具を使いたがるからと言って、女性が彼氏のセックスに満足を感じていないわけではないので、誤解しないように。女性がオーガズムを感じるために、ある種のバイブレーションは非常に大事で、人間が作り出せない場合もある。彼女がそれに興味があるなら、積極的に使っても問題なし。むやみに否定するのは、関係悪化にも繋がるので、一緒に楽しむつもりで使ってみれば?

6.触れば良いってわけじゃないの! 〜刺激〜

クリトリスを刺激するのは女性がオーガズムに達するのに重要ということは、多くの男性が知っている。でも直接的にクリストスを刺激さえすれば良いってわけではない。クリトリスの外陰部の周りに沿って、間接的に刺激する方法を好む女性が非常に多い。あまりにも敏感な女性の場合は下着の上からの刺激を好む場合もある。男性が自分を刺激するのとは違うということを心に銘じてくれると、興奮度は増すこと間違いなしね。

7.他人と比べないで! 〜比較〜

いろんな情報が乱れ込む現代社会。男性同士で下ネタ話をする機会があるかもしれない。だからと言って、他人と自分のセックスライフを比較して気にするのは、無意味だからやめたほうが良い。何回セックスすれば良いかなんてこととセックスに関しての満足度は、女性の場合、違うから。

男女の違いは、当然ベッドの上でも相違があるもの。その違いを理解し、より深い交わりに一歩でも近づける努力は、次に続く快楽をより素晴らしいものにしてくれるに違いない。

文:沙藤佳奈
photo:Guillaume Seguin


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
沙藤佳奈

アメリカ滞在20年になる女性です。離婚、シングルマミー、再婚とこの20年間波乱万丈の月日を過ごしつつも、離婚後は日米を問わず、素敵な恋愛を数々体験して今に至っています。性をサイエンスの視点から考えるアメリカの姿勢に学ぶ事が多いです。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top