フリーSEX村は実在した!日本の農村の歴史

551942554_c70411244c_z

「夜這い」とは、男性が夜中に女性のもとに忍んでゆくこと。いまはなき、日本のフリーSEX文化です。
特定の恋人のところへ通う義務はなく、通常は複数の相手のところに行くことができます。「不道徳?」と思いきや、そこには年増やブサイクでも性を謳歌できるという実際的なメリットや、共同体による性教育システムという、エデュケーショナルな側面も。そんな、しられざる日本の夜這い文化についてご紹介しましょう。

農村における娯楽としてのフリーSEX

機械化される前の農業は、極めて過酷な肉体労働であるがゆえに、そこには娯楽の要素が多分に盛り込まれていました。音楽を演奏させたり、歌ったりしながら田植えをするなど。もっとも手軽な気晴らしは、男女が相互に肉体を交換すること。男性は肉体的疲労が増すほど性的欲望も高まります。女性も、疲れを紛らわすために猥談に花を咲かせ、カワイイ男の子を見つけては股間に手を突っ込んだりして、ふざけながら労働を楽しむようにしていました。

若衆入りをきっかけに夜這い解禁

男の子は13歳〜15歳の間に「若衆入り」をやります。若衆入りとは一人前の男の仲間入りをすることで、土木工事や農作業をしても一人前の賃金が払われ、女との交際、女遊びや夜ばいも許されます。地域によってさまざまではありますが、ここで年長の男性から性の技能の知識を得、年長の女性から実際に手ほどきを受けます。

後家と既婚者への夜這い

夜這いをかけていい相手は、地域によって決まりがあります。未婚の女性だけ、という地域もあれば、未亡人か既婚者に限られるという地域もありました。若衆入りした男性たちにとっては、「今日はいったどんな相手に当たるのだろう?」と、ワクワクドキドキのイベントであったそうです。

性をめぐる開放的な空気

筆下ろし、水揚げ、という童貞・処女の初物摘みイベントなど、つい戦後くらいまで、日本の農村では性は労働と宗教と一連のものとして生活の中に存在していました。1人の女・男をめぐっての諍いなど、今と変わらぬ問題はあるでしょうし、若年妊娠による死亡、障害者の性、近親相姦といったタブーな面もあったに違いありません。しかし、隣人と楽しませあうというもっとも効率のよい娯楽と、性をめぐる開放的な空気が確かに存在していたようです。性のオープンソース化ですね。そんな文化が、ちょっと前までこの国に実在していたって、不思議ですよね。

文:北ウメ子

参考:赤松啓介『夜這いの民俗学・夜這いの性愛論』ちくま学芸文庫
photo;autan


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
北ウメ子

都内在住のアラサー大学院生。SEXに関する誤解や迷信、タブー視をなくすべく、研究と実践に勤しんでいます。マイブームはソフトSM。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top