ヘアが薄くて嫌がる男はいない! ブラジリアンワックス最新事情

ヒップ

映画『Sex and The CITY』で取り上げられ、脱毛方法としてメジャー化したブラジリアンワックス。最近は日本でも定番化してどんどんサロンが増えています。池袋、新宿、原宿、大宮などで店舗を持つブラジリアンワックス専門店『Queen’s Wax』の宮内さんに最新のブラジリアンワックス事情をお伺いしました!

ソフトとハードの二種類がある

ブラジリアンワックスと一口で言ってもソフトワックスとハードワックスの二種類がある。ソフトはヘアにワックスを塗って紙を貼り、紙ごとはがす方法。現在の日本ではこちらが主流だとか。ハードはワックスを塗ってある程度乾いてからはがすもので、海外ではこちらのほうが主流。ソフトワックスは、うぶ毛や背中、足などの広範囲の部分の脱毛に適していて、日本ブラジリアンワックス協会で推進しているものの、施術後に赤みが出やすい、粘膜などの敏感なところには皮膚が剥離する可能性があるので危険、というデメリットもあるそうです。

ハードワックスは陰毛などの太い毛に向いていて、粘膜などの弱いところにも使えます。しかし、細い毛やうぶ毛にはあまり向いていなく、また皮膚を引っ張ってはがすテクニックが必要なので、技術者の腕によって仕上がりが違う部分も多いとか。痛みでいえば、ソフトよりハードのほうが断然痛くありません。また、ソフトはワックスを塗ったらすぐに紙を貼らなければいけませんが、ハードはワックスを塗ったあとしばらく乾かし、その間にほかの部分にワックスを塗ることができるので施術時間が短いのが特徴です。

男性やカップルでの施術も増えている!

また、近頃は男性でブラジリアンワックスをする人、カップルで施術を受ける人も増えているとか。『Queen’s Wax』の池袋本店は男性もOKで、ベッドが二台あるのでデートのついでに受けるカップルやご夫婦も。ブラジリアンワックスをした同士のSEXはお互いがツルツルなので密着感が増し、とても気持ちのいいものだとか。また、ハードワックスだとソフトピーリング効果もあるので局部の肌がふわふわスベスベになり、そこが触れ合うことでさらに快感が増すそうです。

ヘアが薄くて嫌がる男はいない!

VIOラインを全部脱毛する人と、Vラインの毛を残す人とでは、すべてを脱毛する人のほうが多いそう。男性ウケも毛を残すより、全部とったほうが圧倒的にいいそうです。「ヘアが薄くて嫌がる男はいないんですよ!」と宮内さん。全部の毛をとると自分もスッキリして気持ちいいし、彼にも好評だとおっしゃるお客さんが多いそうです。

また、ブラジリアンワックスは見た目以外にもメリットがたくさん。とくに生理痛がひどい方には本当におすすめだそう。生理痛の原因のひとつに、経血が陰毛について雑菌が繁殖し、その雑菌が膣に入って生理痛がひどくなるという場合もあるとか。もともとヘアがなければ、雑菌の繁殖やムレも防げるそうです。

もっと気軽にブラジリアンワックスを!

「『私のあそこって変じゃないですか?』と聞いてくる方もいらっしゃいますが、性器は人の顔と一緒で千差万別あって当たり前」と宮内さん。他人に局部を見せるのは恥ずかしいと思う方もいるけれど、スタッフはプロ。どうキレイにしようかとしか考えていないので、安心して来て欲しいそうです。客層は、男性は30代半ば~50代、女性は20代~40代までと幅広く、月に一度ほどの施術でツルツルの状態をキープできるのでリピーターも多いとか。

水着や小さな下着も自信を持って身につけられ、衛生面でもメリットが多いブラジリアンワックス。これを機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

文:Kiki

取材協力:Queen’s Wax池袋本店
http://sexy-wax.com/
予約専門電話番号:03-6320-7568(各店共通)

Photo:cobblucas via photopin cc


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
kiki

女性誌を中心に恋愛、ワークスタイル、ライフスタイルの記事をライティング。常夏の離島に住みながら、身も心も熱い日々を過ごしています。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top