SEXワードは日米欧共通! 男女関係を破壊する3つの地雷

ハート

言語や文化がちがっても、男女関係のルールは世界共通です。私が四半世紀に渡って日米欧の男女を観察し、発見した、「彼と別れたくないなら、絶対禁句の3か条」を紹介します。

1.「離婚したい」「別れたい」

この切り札を出すのは、あなたが離婚届にサインをして、次の職場も住居も決まってからです。何も決まっていない…という、常に爆弾を抱えた土台の上で信頼関係を築くのは不可能です。あなたが会社に「もう辞めます」と一言告げたら、会社はいずれ去るあなたを信頼しないでしょう。男女関係も同じです。一晩寝れば、気分が変わるかも知れません。距離を置けば、問題の根本が見えて、考えが変わるかもしれません。彼が浮気をしても、何とも思わなくなるまで、自活して一人で生きて行く準備ができるまで、口に出してはいけません。

2.「あなたはいつも仕事のことばかり」

生きていくために、家賃を払うために、家族を養うために働く。仕事がなければ、収入はなし。世間では当たり前のことです。今の生活水準を維持するか、それとも下げるか、明確にしなければなりません。ワーク・ライフ・バランスも十分な収入も確保したいというのは、世界的に実現不可能な願望です。仕事は男にとって、自己実現の場です。夢を現実化するツールです。社会人として責任能力を証明する場です。あなたはそれを彼から奪えますか? へたをすれば、あなたを「人生の目的達成を邪魔する女」に格下げし、別れを告げるかもしれません。

寂しいというのなら、自分の人生を生きてください。彼の人生ではなくて、自分の人生の為にエネルギーと時間を使ってください。そうすれば、あなたは躍動感溢れ、充実した日々を過ごす魅力的な女性になるでしょう。

3.他の男性との比較

他の人と比べるコメント、他の男性を褒めるコメントは一切禁止です。男はプライドの高い生き物で、常にあなたにとって一番の存在でいたいもの。

「稼ぎがいいみたい」
「あなたと違って料理が得意なんですって」
「アウトドア派で何でもできる」
「家事に上手で、育メンで羨ましいわ」

このような発言をすれば、「あなたが彼に対して不満がある」と解釈されるのは目に見えています。最悪のケース、彼があなたを十分に満足させてあげられないと認識し、「そんなにアイツがいいなら、俺と別れて一緒になれば」と、本気で新たな女性との出会いを意識しはじめるかもしれません。言い方の問題ではありません。彼の受け取り方の問題でもありません。口に出しては、いけないことなのです。

日米欧共通の3つの掟——別れの言葉、仕事に関する不満、他の男性への賞賛——これを守れば、自ら別れの地雷を踏まずに関係を継続できます。

文:ワーグナー理香

Photo:Lara Danielle


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
ワーグナー理香

日英独伊の4ヶ国語で速読し、世界中の愛と性の形を追求する超保守的な日本女性。ラッキーな出会い運の持ち主で、欧州貴族や富豪とも交流あり。趣味は料理と猫いじり。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top