なぜ男はベッドの中はキスしてくれないの?謎を解き明かす 5つの理由

4518859351_8d82bdec0d_z

甘く切ないキスや熱く激しいキス。どちらも女性をうっとりさせますよね。
いつの間にかキスをしなくなった、そういえばセックス中はキスをしてくれない……と愚痴の回数の方が、実際のキスの回数より多くなっていたりして。
ああ、どうして、男性はセックス中にキスしてくれないの?

1.男は一点集中型?

ある脳の研究によると、女性は複合的な仕事に向いているが、男性は苦手であるというデータがあります。
例えば、朝、会社へ出勤するのに、赤ちゃんにミルクをあげて、おむつを替えて、しかも朝食を作り、仕事へ行くために我が身の仕度をする。という課題を与えられたら、短時間に終えることができるのは、圧倒的に女性なのです。
つまり、男性は、セックス中には射精する事に一点集中するために、キスすることを忘れている可能性が大きいわけです。

2.釣った魚に餌やらない?

付き合い初めの頃は、よく甘いキスをしたのに、最近はほとんどないわ……とお嘆きの女性であるなら、「魚」になった可能性があるかもしれませんね。
すぐに身体の関係を持ちたいけれど、軽卒な行動と思われたくないために、なかなかステップアップの行動を取れない男性もいます。まずはキスで意中の女性を酔わそうと頑張ってくれるのです。でも長い関係であったり、夫婦になって久しかったり、などという場合は、気遣いしなくても、大丈夫という安心感もあり、性行為だけというのが、現実かも?

3.体位のために、キスが遠のく?

バックスタイルや女性上位、また正常位でも、男性が身体を起こして挿入している体位では、キスはなかなか難しいですよね。キスするのが難しい体位を好む男性なら、前戯にいつもより時間をかけてみましょう。服を脱ぐ時間をちょっとゆっくりして、じらすようにして、その間キスに時間をかける。彼の興奮を高めつつ、女性のキスして欲しい要求も満たされるように、こちらから仕向けてみませんか?

4.プライドを守るため?

男性は、自尊心が高く、そして傷つきやすい人間です。性的関係になるのは簡単でなくでも、キスくらいの関係なら、誰も多く持っているものです。他の男性と比べられて、自分のキスが下手だと思われたくない。映画やドラマのラブシーンのようなキスじゃないわ。と彼女に思われたくない。と心配している輩も多いようです。また、自分の口臭が気になっていて、大胆にキスできないという男性も居ます。
女性にとっては意外でしょうか? いえいえ、男性の方がずっと過敏で、神経質だったりしますので、そこは理解しましょう。

5.愛がなくなったから?

「彼の愛が冷めてしまったから、キスしてくれないのかもしれない」。こんな心配の声を女性から多く聞きますよね。確かに、それはあるのかもしれません。キスは愛と正比例するのでしょうか?
キス以外にも彼の愛を確かめることはできるはずです。キスをしなくなった理由は、愛が冷めたからと決めつける前に、他の言動を注意してみましょう。

気持ちを伝えつつアクションを!

キスしてくれない。とくにセックス中にキスしてくれない。と不満があるならば、その気持ちをさりげなく伝えつつ、アクションを取りましょう。
ペニスを愛撫しながら、キスを誘う。オーラルセックスする仕草を取りつつ、その前にキスを迫る。など、ベッドでは、男性の興奮度を上げながら、キスしてほしい気持ちを伝えていきましょう。

「ベッドでキスしてくれない。」と文句を言っても無駄です。しかし、諦める必要もありません。ちょっとした工夫で、ちょっとしたきっかけで、甘く熱いキスが現実になることもありますので、彼氏のキスしない理由を探りつつ、キスして欲しい気持ちも満たしてみませんか?

文:沙藤佳奈

参考:
Is it normal that my guy doesn`t like to kiss
9 mistakes to avoid in bed
when guys don`t kiss you during sex
photo:Kelsey


Sponsored link

・【無料】恋愛心理テスト・H検定♪あなたのH度は?
・「抱きしめたくなるカラダ」って?
・デリケートゾーンの臭い・おりもの洗い流してさっぱり!引き締めキュッ♪
沙藤佳奈

アメリカ滞在20年になる女性です。離婚、シングルマミー、再婚とこの20年間波乱万丈の月日を過ごしつつも、離婚後は日米を問わず、素敵な恋愛を数々体験して今に至っています。性をサイエンスの視点から考えるアメリカの姿勢に学ぶ事が多いです。

         

Hot Pinkの健康・美容・セクシー情報をFacebookでアナタに

Facebookでは、今日から実践できるとっておきのHot Pink情報をお届けします!

Top